日本カント協会は、カント哲学及び関連哲学の研究の発展と国内外の研究者間の活発な交流を主要な目的としています。そのために、年に一度の大会では、個人研究発表、シンポジウム、共同討議などのプログラムを実施しています。さらにこれらの発表及び会員の研究成果は、オンライン機関誌『日本カント研究』(年一回発行)に掲載されています。
 本協会の研究活動に関心をお持ちで入会のご希望の方には、本ホームページの諸事項をご覧いただき、各種書式ダウンロードから必要な手続きを進めていただきたく存じます。なお年会費は5千円となります。
 また、本ホームページの開設によって、本協会の活動内容がいっそう広く、より深くご理解いただければ、幸いです。

 

新着情報

» 続きを読む